葉酸サプリの1日摂取量について

葉酸サプリは、成人の男性、女性に必要不可欠なサプリメントです。栄養価が高く食事では補いきれない身体に必要としているものを摂取することができます。また妊娠を予定している方や妊婦さん、授乳婦さんに必要とされる栄養もこのサプリで補うことができます。妊婦さんなどは、一般の男性、女性よりも栄養を必要としているため、この葉酸サプリを摂取することで必要な栄養を補うことができます。その中でも、妊娠を希望している女性または妊娠する予定のある女性は、葉酸を一番必要とします。受胎後10週目までの間は、葉酸がかなりの量で必要とされます。赤ちゃんが、無事に健康で妊婦さんのお腹の中で育ってもらうためにも葉酸の摂取は必要不可欠です。厚生労働省では、妊娠を希望している、または妊娠を予定している女性に必要な葉酸の1日摂取量は、400mgとしています。この1日摂取量は、野菜を食べただけで摂取できる量ではありません。例えば、ゆでたほうれん草100gに含まれる葉酸は110mgしかありません。葉酸が豊富に含まれているといわれるほうれん草でさえ、こんな風なので偏食にならないため他の野菜で補うともっと大変なことになります。そのため、葉酸サプリで必要な栄養を摂取することは珍しいことではないのです。

 

葉酸サプリメントねっと

葉酸サプリの必要な時期は妊娠前から

妊娠中は葉酸が良いとよく言いますが、妊娠前から葉酸を摂取した方が良いとされています。そもそも葉酸とは、1941年にホウレンソウの葉から摂取された水溶性ビタミンB群の一種です。細胞を作りだされるときに必ず必要な栄養素です。妊娠中の赤ちゃんの細胞を作り出す時に必要な栄養素なので、2002年からは母子手帳にも葉酸のことが記載されるようになりました。葉酸はホウレンソウはもちろん、緑黄色野菜やレバーなどから摂取することができますが、調理中に栄養素が損失してしまうことがあります。その為、葉酸を手軽に摂取するために葉酸サプリがあります。通常の食事に加え、葉酸サプリで摂取する葉酸の量は、1日400μg(マイクログラム)が必要な量だと言われています。一口に葉酸サプリといっても葉酸サプリにも無添加葉酸サプリなど色々な種類があります。次に必要な時期についてですが、主に妊娠初期が必要な時期ですが、妊娠する可能性のある方は妊娠前から飲むのが好ましいとされています。妊娠初期に摂取することにより、1万人に約6人の割合で発症する先天異常の神経管閉鎖障害の発症予防にもなります。妊娠前から妊娠初期に葉酸サプリを摂取することが良いです。

つわり悪化で葉酸が摂れない人は葉酸サプリで補う

葉酸は体に必要な栄養素の一つです。しかし、体内で産生することができないため毎日の食事などで摂取する必要があります。最近の研究では葉酸が動脈硬化に対する効果が期待できることがわかりました。また、妊娠初期に葉酸が不足すると、二分脊椎や神経管閉鎖障害などが胎児に起きる可能性が高くなることが知られています。そのため妊婦は特に必要量を摂取する必要があります。妊娠初期の人の場合には、1日に480㎍摂取することが望ましいとされています。しかし、通常でも必要な葉酸を食事から摂るのは大変です。さらに妊娠すると、つわり悪化が見られる人も多く、食べられる食事が限られてしまい、思うように摂取できなかったり、つわり悪化で、ほとんど食事が喉を通らないという人もいます。そんな時には葉酸サプリを使うと必要量を摂ることができます。葉酸サプリとは葉酸を主成分とするサプリメントです。葉酸サプリを摂取する時には容器に一日量の目安があるのでそれをもとに摂取すると良いでしょう。葉酸は、特に妊娠の初期に必要とされているものです。そのため、これから妊娠する予定のある人、妊娠する可能性のある人は普段から気をつけて葉酸を摂取するとよいとされています。

葉酸サプリでボケ防止を目指しましょう

葉酸とは、緑黄色野菜・レバーなどに多く含まれるビタミンB群の一種です。胎児の神経障害の予防や、統合失調症の症状の改善などの効果が認められており、葉酸サプリが注目を集めています。
葉酸サプリには認知症を予防する効果、つまりボケ防止の効果があるともいわれています。認知症は大きく「脳血管性認知症」と「アルツハイマー型認知症」に分けられますが、このうち「脳血管性認知症」は、動脈硬化により血管がつまって神経細胞に栄養がいかなくなることにより起こります。葉酸には動脈硬化を予防する効果があるため、葉酸サプリを摂取することででこれを予防することができるのです。
一方、「アルツハイマー型認知症」は、神経細胞の表面にベータアミロイドという異常なたんぱく質のかたまりができ、神経細胞の情報伝達を妨げることが原因で起こります。このベータアミロイドの作用を高めるのがホモシステインであり、高ホモシステイン血症の方は約2倍認知症になりやすいことがわかっています。葉酸にはこのホモシステインを抑制する作用があるため、ボケ防止の効果を発揮するのです。
1日の摂取量の上限は、厚生労働省により1000μgとされています。お年寄りだけでなく若い方にも、記憶力・脳の処理速度の向上がのぞめますので、試してみる価値はあるといえます。

アレルギー対策に適した葉酸サプリ

免疫力を強化しておくことでアレルギーに強い体を作ることができます。
現代人にはアレルギーを持つ方がとても多くなっており、気づかないうちにアレルギー反応を起こしているケースも少なくはありません。
何の対策も講じていない状態ではその症状は少しずつ重いものになってしまうことも珍しくはないため、効果的な対策をとっていくことが大切です。
葉酸には抗アレルギーの効果もあるため、意識をして摂取することも大切ですが、食品のみで必要摂取量を満たすにはとても大変です。
ホウレンソウに多く含まれますが、毎日多くの量を食べるのはとても難しいことと思います。
このような際には葉酸サプリを活用することで1日に必要な分を補うことができます。
葉酸サプリにはとても多くの種類があり価格も様々となっていますが、飲みやすさや効果を実感しやすいものを中心に選んでいくべきともいます。
わかりづらいことも多くありますが、インターネットを活用することによって比較的簡単に選んでいくことができます。
特に口コミサイトなどで意見を参考にすることで、より自分にあった葉酸サプリを選ぶことができるので、このようなサイトを利用して選んでいくことをおすすめします。

葉酸サプリの不足は神経障害を起こします。

葉酸が不足すると、悪性貧血を引き起こします。また妊婦さんに不足すると、お腹の赤ちゃんに神経障害を起こして生まれてきます。脊椎二分症や、無脳症が代表的な疾患です。妊婦さんは、妊娠する前から、葉酸を取るように言われています。葉酸は、ホウレンソウなどに含まれていますが、なかなか十分な量を取るには多量の野菜を取らなければなりません。実質的には、かなり大変なのです。そこで、妊婦さんが安心して飲める、葉酸サプリが市場に出回っています。葉酸サプリを取れば、少ない量で、沢山の葉酸が取れます。葉酸は、水溶性のビタミンなので、多くとりすぎると尿の中に出てしまいます。脂有性なら体に蓄積されますが、水溶性は体に蓄積されることはないのです。葉酸サプリでとれば、どれだけ自分が、葉酸を取っているのかが分かりますので、葉酸の量も把握することが出来ます。十分な葉酸を取れば、赤ちゃんが障害を持って生まれてくる可能性が低くなります。医療の進歩によって分かってきたことなのです。誰もが、自分の赤ちゃんに障害があることは望まないでしょう。そのリスクがあるのなら、そのリスクを下げようとします。妊婦さんは、みんなが、葉酸についての知識を持っていれば、リスクを下げることができるのです。

アルコール摂取には葉酸サプリを

飲酒する方は葉酸が不足しがちです。これは、葉酸がアルコールによって分解・排出されてしまうからです。葉酸は飲酒する方にこそ必要な成分なのです。酒の肴として葉酸を含む食べ物を食べたり、葉酸サプリで摂取したりすることが望ましいといえます。
アルコール摂取による悪影響の1つとして、大腸がん発生のリスクが高まることがあります。葉酸サプリにはこのリスクを下げる作用があります。吸収された葉酸は各段階でDNA合成やたんぱく質の合成に関わっています。たくさんの葉酸を摂取することで余裕を持ってDNAの合成がされ、正常な細胞分裂が行われやすくなるというのです。
また、アルコール摂取により動脈硬化が起きやすくなりますが、葉酸サプリには動脈硬化を予防する働きがあります。血中のホモシステインが高まると動脈硬化のリスクが高まりますが、葉酸はホモシステインを代謝して無害化するのです。
葉酸はビタミンB12と一緒に摂取すると吸収がよくなります。葉酸による過剰症の報告はされていませんが、亜鉛の吸収率の低下、ビタミンB12不足の発見が遅れてしまうといった可能性があります。厚生労働省では1日の上限は1000μgとしており、これを厳守することが大切です。

葉酸サプリの1日摂取量について

葉酸はビタミンBのなかまで、妊娠した時お腹の中の赤ちゃんが細胞分裂をして成長する時に、その細胞分裂が正常に働くようにしたり、ヘモグロビンの入れ物である赤血球を正常に発育させるのに必要です。
1日最低の必要量は、20歳以上で男女ともに200㎍(マイクログラム)です。
1g=1000mgで,1mg=1000㎍です。
妊娠の可能性のある女性は、受精後1~2週間目には、赤ちゃんの中枢神経が出来始めるので、平均の必要量と言える量は370㎍であり、推奨量は440㎍と言われています。
1日平均400㎍を目指すべきです。
赤ちゃんに授乳している場合は、平均量が280㎍であり、推奨量は340㎍です。
葉酸は、枝豆や青い葉物野菜やトウモロコシやアボガドや玉露などに含まれていて日常のバランスのよい食事をしていると不足する事はありませんが、妊娠している女性の場合は葉酸サプリとして摂取するのが賢い方法です。
食料品に含まれる葉酸は、熱や光に弱く、また水に溶けやすいので、調理なおでによって失われ、体内に吸収される量が少なくなるからです。
葉酸サプリとして摂取する場合に注意すべき事は、長期間目安以上を摂ると、蕁麻疹やかゆみやほてりなどの過剰症が出る可能性があり事です。
葉酸サプリの上限量は1日1000㎍と言われています。

わかさのゆずの香りの葉酸サプリ

特に、女性に必要なビタミンが豊富に配合されている葉酸サプリですが、しっかり摂るには、どの程度を配合しているかを事前に調べておく必要があります。

わかさの葉酸サプリには、いちごやライチで摂れる量に相当する葉酸400μgが一粒に含まれているので品質が高いサプリです。
特に、妊娠中に積極的な摂取を国も推奨しているので、効率よく摂ることが出来る葉酸サプリを活用すると良いとされています。
食品で摂取する時に比べて、葉酸さプリだと吸収率もはるかに高くなり効率的に摂れるのがメリットです。

しかも、ゆずの香りになっているので食欲がない時や食べたくない時、妊婦さんでつわりがあり何も食べたくない時でも、比較的食べやすくなっています。

また、水も必要なく口に入れるとそのまま食べられる発泡加工なので便利です。
ゆずのシュワッとした風味が口にさわやかに広がります。
手軽に外出時でも持ち歩くこともできるので、手間もかかりません。

これまで葉酸サプリを単に必要だから摂取しなければならないと思って摂るようにしていた方も、この葉酸サプリであれば、美味しいから自然に継続することが出来ますし、ゆずの風味で新感覚の食べ応えがあるので、継続しやすくなっています。

ドリンクタイプの葉酸サプリが便利

妊婦さんや赤ちゃんが欲しいと考えている女性にとても注目されている栄養素の葉酸。
出来れば、積極的に摂取していきたい栄養素です。
葉酸サプリは各社から豊富な種類で販売されており、一体どれを購入すればよいのか迷ってしまうほどですが、中には、手軽にぐっと飲めるドリンクタイプのサプリも販売されています。
ドリンクタイプなら、錠剤が少し苦手な方にも取り入れやすく大助かりです。また、ふとした合間にさっとそのまま飲める手軽さが飲み忘れ防止にも一役かってくれるのです。
葉酸サプリを摂取するとお腹の中のあかちゃんの成育を促進してくれます。細胞分裂がさかんに行われ葉酸が多く必要とされる時期は妊娠初期ですが、これから赤ちゃんが欲しいと思って計画中であれば摂取をどんどんしていきましょう。
ただし一日の適量は0.4ミリグラム程となっています。過剰に摂取すればより良くなるわけではないので、摂取する際には量にも気をつけましょう。たいがいドリンクタイプの葉酸サプリであれば、ビンの外側にも一日の摂取適量と、1本に含まれる含有量が表示されているので、飲む際の目安として目を通してください。
葉酸サプリは、赤ちゃんのためだけでなく、様々な体のマイナートラブルに見舞われやすい妊娠中のお母さんの体をサポートしてくれる役目もあります。